about

家族写真を通じて、家族の絆を再確認しよう!

1.大好きな人に大好きを伝えるツールとして写真を活用
2.写真を撮る前に家族の関係性を深め、その形として写真を残す
をテーマに
一般社団法人日本おひるねアート協会

https://www.ohiruneart.com/

が2020年に立ち上げたプロジェクトです。

■ミッション(私たちの使命)
『写真を通じて家族のきずなを深めるお手伝い』

■ビジョン(私たちの約束)
『まず私たちから家族を大事にしよう』

■バリュー(望む未来)

『すべての家庭に家族写真が飾られている世界』

10月23日に家族写真を制定

2020年8月19日に日本記念日協会より認定。
一年に一度「家族写真の日」を設けることで、家族の時間を
意識的に作り、記録を残す習慣を作ることを目的としています。

日付の由来…10(撮)ろう23(ファミリー)

立ち上げのきっかけ

私たちおひるねアート協会は
「思い出写真作りのお手伝い」の理念のもと
年間5万人、8年間でのべ40万人近くの赤ちゃんとご家族さまに出会ってきました。
たくさんの赤ちゃんの撮影のお手伝いをする中
「赤ちゃんの写真は一生懸命撮るが自分たちの写真が少ない」
というパパとママがたくさんいることに気付きました。

「子育てを頑張っているパパとママの顔をもっと残したい!」

「あわただしい日々も過ぎてしまえば宝物になる。
日常を残すという習慣を当たり前にしたい!」

「パパ・ママが日々の生活の中で残したくなるような
写真の撮り方やきっかけづくりをお手伝いしたい!」

そんな想いから誕生しました。

家族写真プロジェクトの特徴

写真を通じて対話を重ねる
1.話す→2.撮る→3.残す→4.話す の循環
を行っています。

1.話す
「どんな家族でありたい?」
「どんな家族写真を撮りたい?」
家族で対話をする

2.撮る
1で出した、自分たちが考える
「私たちらしい家族写真」
を撮影する

3.残す
撮影した写真をプリントしたり
パネルにして飾ったり
フォトブックなどにして形に残す

4.話す
写真を見ながら感想を話し合ったり、文字にする
「撮影してどうだった?」
「いつもありがとう」

「写真+ことば」想いはことばにするともっと伝わる

小さいころ、写真に添えられたコメントを見ると
両親の愛情をより身近に感じることができた経験はありませんか?

未来の自分、未来の相手のために…
いま想いをことばにして形に残すことを改めて大事にしています。

プロジェクトメンバー

プロジェクトリーダー:青木水理

一般社団法人日本おひるねアート協会代表理事
家族写真プロジェクト発起人

1984年生まれ。元トリマー。
2007年生まれの長女、2012年生まれの長男、2019年生まれの次女の3児の母。長女誕生から

保育士資格を取得し、約7年ベビー向けの教室の講師を務める。
長男の誕生以来、おひるねアートを趣味で撮り始め写真集「赤ちゃんのおひるねアート」を主

婦の友社より出版したことをきっかけに、TVCMや雑誌広告の作品制作を手がけるなど数々の

分野で活躍する。

2013年10月に一般社団法人日本おひるねアート協会を設立。
「おひるねアートで世界中のママと赤ちゃんに笑顔を届けること」を使命に、おひるねアートを

広げる活動として、認定講師の育成や、企業への作品提供、フォトスタジオのプロデュース・

経営などを行う。

当初より子連れで仕事を行うスタイルを貫き、子育ては人生のスキルとして13年子連れ出勤を

実践。子連れ出張、子連れワーケーションなどにも取り組み「赤ちゃんと一緒に働ける」環境

の提案に力を入れている。

特別顧問:小崎恭弘

日本で唯一の「子育てアルバムの研究家」
※参考 https://album-labo.com/

大阪教育大学教育学部准教授。1968年兵庫県生まれ。
兵庫県西宮市公立保育所で初の男性保育士として12年間、保育に携わる。
NHK Eテレ『すくすく子育て』をはじめ、テレビや新聞、雑誌など多方面で活躍中。
年間通して全国で育児指南を披露する子育ての講演を行う。NPO法人ファザーリング

・ジャパン顧問。
『家族・働き方・社会を変える父親への子育て支援』『子どもの力を伸ばす!! じょうず

な叱り方・ほめ方』など単著・共著多数。

家族写真プロジェクトの取り組み

家族写真プロジェクトでは、一緒に盛り上げてくれるメンバーを随時募集しています!
3つのかかわり方があります!

1.プロジェクト自体に関わりたい!学びたい!(個人)

家族写真ラボ(オンラインサロン)へ参加!
※月額1,100円

家族写真ラボ

どんなメンバーで行っているのか見てみたい方は、月一回の勉強会の一般参加枠に

ぜひご参加ください!

家族写真を楽しむオンラインセミナー

2.家族写真の楽しさを広げたい!ファミフォト講座を

開催したい!(個人・法人)

家族写真プランナー養成講座を受講してプランナー活動!
※個人・法人問わずにご参加いただけます!

個人のかたはこちら

法人・団体さまはこちら

3.企業・団体として応援したい!(法人・団体)

賛同企業へ応募!
※費用は一切かかりません

賛同企業お申し込み

 

What’s Ohirune-Art? おひるねアートとは?

赤ちゃんの寝顔も笑顔もかわいく残す

「赤ちゃんに背景や小物をつけて撮影する、赤ちゃんと一緒に作るアート写真」

■About us  日本おひるねアート協会について

名 称:一般社団法人日本おひるねアート協会

Email: info@ohiruneart.com

Home Page: www.ohiruneart.com

Address: 東京都中央区日本橋人形町3丁目12-3 ラヴェンナ人形町102号

Phone:   03-6231-0260

代表理事: 青木 水理  Minori Aoki

事業内容: おひるねアートイベントの企画・運営

         おひるねアート講師の育成および派遣

         おひるねアート専門スタジオストーリーの運営

         おひるねアートの普及活動

設  立: 2013年10月9日

おひるねアート協会の講師 全国約600名輩出 (2020年8月現在)